CV

Sumie Matsuura / Artist

Education
1969  B.A. in Art Education. Shizuoka University. Shizuoka
1969  Enrolled in Master’s Program of the Aesthetics and Art History.Tokyo University of the  Arts (TUA). Tokyo
1976  B.A. in Fine Arts. Major Japanese Painting. Tokyo University of the  Arts (TUA). Tokyo

Organization
Japan Artist Association Member
International Association of Art ( IAA ) Japan Member

Selected Solo Exhibitions
2018 " An encounter of contemporary art and tea world", Jugetsudo, Paris, France.
2018 "ON THE GLOBE" Art Kageyama Gallery, Shizuoka, Japan
2018 “AQUARIEM BERLIN—admiration for the south” Zum Einhorn, Tokyo, Japan
2016 “Scoop up a Space”  artspace Edition Shimizu, Japan
2016 “ Light and Shadow of the Island—Tokyo 2016  Galerie de la Maison Franco-Japonaise, Tokyo, Japan
2015 “We are sitting on the warped red circle: Indoors” Kageyama Art Gallery, Fujieda, Japan
2015 “Enjoying around Silver Leaf”, Mirai Gallery, Okabe, Japan
2011 “Light and Shadow of the Island”, Numazu City Museum, Japan
2010 “Water Environment Ⅲ”, Kageyama Art Gallery, Fujieda, Japan
2005 “Overflow”, Kageyama Art Gallery, Fujieda, Japan
2003 “Dialogue with Water”, Verkehr Shimizu Port Terminal Museum gallery, Shimizu, Japan
1997 “Water Environment”, Wacoal Ginza Art Space, Tokyo, Japan
1996 “Light-Light”, Nissenren Gallery, Shizuoka, Japan

Selected Group Exhibitions
2019 Japan Now - Sofia Paper Art Fest 2019, Sofia, Bulgaria
2019 Amateras Exhibition Sofia Paper Art Fest 2019, Sofia, Bulgaria 
2019  9th Charity exhibition, support great east Japan earthquake recovery, Tokyo, Japan
2018 PARALLAX 'ART' FAIR, Chelsea Town Hall, London, Ingland
2017 Art Fair in Carrousel du Louvre, B-gallery booth, Paris, France
2017 Shizuoka 9 artists+1, Mizunami Art Hall, Shizuoka, Japan
2015 Shizuoka Eight Artists, Mizunami Art Hall, Mizunami, Shizuoka, Japan
2014 Shizuoka Art Documentary 2014, Park of Shizuoka Performing Arts Center, Shizuoka, Japan
2008 Bangkok-Shizuoka; Aesthetics’ The Relationship Art Exhibition   Silpakorn University, Bangkok,  Thailand
2007 Color, Light, Shadow; Kazuyuki Sakata & Sumie Matsuura of Today  Shizuoka Country Culture Floor, Hamaoka Omaezaki, Japan
2005 Tea Ceremony & Pleasure Grand Prize, Second, Fujingaho, Tokyo, Japan
2004 Le Corbusier’s Prints & 5-members Collaboration, Ginza Art Hall, Tokyo, Japan
1996 International Tannan Art Festival, Takefu, Fukui, Japan
1996 Akari Objet Contest, Gifu City Cultural Center, Gifu, Japan
1996 Washi Group Kamiza Show ’96,’97,’98, Nissenren Gallery, Shizuoka, Japan
1995 Mino Washi Akari Art Contest, Special Judge’s Prize, Mino, Japan

Artist statement

My current works represent my discovery of Line. This is a completely original style and I could not make it without using the silver leaf which is a type of Japanese traditional art material. The rippling Line consists of contradictory aspects. It is both natural and artificial, unexpected and necessary, and eternal and temporary. Therefore, the Line makes us recognize space; co-mingling of silver reflection and the action of light. In my work, there are three fundamental motives; respect for the cultural traditions of Japan; to investigate the history of Western art (the theory and representation) from past to present; and an interest in the contemporary environment of our lives. They are mixed naturally and any of them can become the core of my works for the occasion; ultimately, they are controlled by my aesthetic sense.
The Japanese big earthquake in Fukushima the 11th in Mar in 2011 makes me create a new series of “wrapped red circle”. The circle, like the sun or the national flag, symbolizes the end of a good bond between human beings and nature.
My works depict space and emotion. When most of the viewers are walking around the room, the works will show different aspects of space and emotion.
Where, when and how it is seen gives other dimensions to the piece’ s impression, which then influence viewers and the work itself. Finally, there is my interest in the spectator who will perceive it not only optically but also from their experiences in life. I am curious about how they will judge my work.

松浦澄江 現代美術作家
日本の伝統的な素材と技法を用い、深い洞察に裏付けられた作品を制作
1976 東京芸術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業
1971 東京芸術大学美術学部芸術学科大学院中退
1969 静岡大学教育学部美術科卒業

日本美術家連盟会員
美術科教育学会会員

アーティストの言葉
タイトル:作品と鑑賞者
現在の仕事は自身の「線」を見つけたことから始まりました。これは完全にオリジナルなもので、銀箔をはじめとする日本の伝統的画材でなければ作り出せない線です。この揺らぐ線は、自然と人工、偶然と必然、永遠と途絶、といったように相反するものをふくんでいます。そして銀箔の反射や、光そのものの作用と共に、空間を把握する一助となっています。その線を自由に使いながらの私の制作動機は、日本の伝統的な文化に対する関心と、ヨーロッパ起源の現代までの美術—その思想及び表現—への検討と、現代の人間を取り巻く環境への問いかけとの三つにあり、それらがミックスされながら、その時々でいずれかが表現の軸となっています。そして最終的には私の美意識が全体を支配しているのです。
2011年3月11日の東日本大震災の発生は、改めて宇宙を含む自然環境と人間について深く考える契機となりました。ここから「太陽」とも「国家」とも捉えられる「歪んだ赤い丸」のインスタレーションのシリーズが生まれました。
また、私のほとんどの作品は空間の在り方と人間の心理に関わっているため、動きながら見られることを望みます。そして、その人自身の視線が作品を作り続け、その時間が人と作品とを活性化します。最終的に私の関心は、作品を見る人々が個人的経験や感覚を重ね合わせ、どのように作品を感じ取り評価するかにあります。

個展抜粋
2018 「コンテンポラリーアートと茶の 出会い」パリ 寿月堂 パリ、フランス
2018 「地球に」アートカゲヤマG 藤枝市
2018 「ベルリンの水族館—南への憧れ」ツム・アインホルン 東京六本木 03/01~04/28
2016 「空間を掬う」art space Edition Shimizu  清水市 11/17~26
2016 「島の光と影—東京2016」日仏会館ギャラリー 東京恵比寿  10/17~10/27
2015「歪んだ赤い丸に座っている私たちーIndoors」写真家・詩人・俳人の作品を素材としてのコラボインスタレーション   アートカゲヤマG 藤枝市
2015「箔に遊ぶ」ギャラリー未来 岡部町
2011「島の光と影」モンミュゼ沼津・沼津市美術館 沼津市
2010「Water Environment Ⅲ」アートカゲヤマG 藤枝市
2005「Overflow」アートカゲヤマG 藤枝市
2003「水との対話」フェルケール博物館G 清水市
1997「水の環境」ワコールアートスペース 東京銀座
1996「光—光」にっせんれん画廊 静岡市

グループ展抜粋
2019  Japan Now - Sofia Paper Art Fest 2019、ソフィア, ブルガリア
2019  Amateras Exhibition Sofia Paper Art Fest 、ソフィア, ブルガリア
2019 第9回東日本大震災チャリティー展 遥か彼方は相馬の空に オリエアート・ギャラリー 北青山 東京
2018「パララックスアートフェア」ロンドン, イングランド
2017「ルーブル・カルーセル・アートフェア」B−gallery, パリ, フランス
2017「静岡9人+1」瑞浪芸術館 瑞浪市
2016「浜松アートルネサンス」浜松市
2015「静岡8人の作家展」瑞浪芸術館 瑞浪市 岐阜県
2014「静岡アートドキュメント2014」静岡県舞台芸術公園本部棟(日本平) 静岡市
2008「BANGKOK-SHIZUOKA Aesthetics’ The Relationship Art Exhibition」バンコク, タイ
2007「彩・光・影」坂田和之+松浦澄江の今日展 静岡カントリー浜岡 御前崎
2005 婦人画報「茶遊び大賞」準グランプリ 審査員:隈研吾 新宿OZONE 東京
2004「ル・コルビジェと5人の空間コラボ展」銀座アートホール 東京
1996「国際丹南アートフェスティバル」越前市文化センター 越前市 福井県
1996「あかりのオブジェ展」岐阜市文化センター 岐阜市
1996「紙座’96 ’97 ’98」にっせんれん画廊 静岡市
1995「美濃あかりアート展」審査員特別賞:美濃市 岐阜
[DISPLAY_ULTIMATE_SOCIAL_ICONS]